埋没毛は脱毛しちゃダメ!じゃあ、どうするのがベスト?

お肌が黒ずんで見える原因となる埋没毛。
埋没毛の処理って大変ですよね。
思わず、穿り返したくなってしまう。

けれど、
埋没毛は自分で脱毛したらダメって知ってました?

埋没毛の原因から
埋没毛を放置した場合のお肌への影響、
予防策と対処法についてお伝えします!

埋没毛 脱毛

埋没毛とは

埋没毛とは、皮膚の内側で
発毛・成長してしまった毛のことを指します。

皮下で毛が伸びるので、
なかなか処理することが難しく
黒ずんだお肌の原因となります。

見た目にもお肌が汚く見えてしまい、
美肌とは程遠くなってしまいます。

埋没毛ができる原因

埋没毛ができる原因は、間違った脱毛です。
自分で脱毛しようとして無理矢理ムダ毛処理をしたときに、埋没毛ができてしまいます。

現状、9割の女性がムダ毛処理を
カミソリや毛抜きといった自己流で行っているという
データがあります。

しかし、
ムダ毛の自己処理はお肌へのダメージが大きいんです。

炎症を起こした毛根やお肌が
毛の出口をかさぶたのように塞いでしまうので、
埋没毛ができてしまうというメカニズムになっています。

カミソリ

お風呂場でカミソリを使って
ムダ毛処理をしている人も多いですが、
実はとても危険なんです。

カミソリは、毛だけではなく
お肌の表面を保護している角質まで削いでしまいます。

また、お風呂には炎症を引き起こす原因となる緑膿菌や黄色ブドウ球菌、サイトメガロウイルスといったような雑菌が数多く生息しています。

つまり、お風呂場でのカミソリによるムダ毛処理は
自己防衛のためのバリアを失ったお肌を雑菌蠢く空間に晒してしまうことになるのです。

毛抜き

毛抜きは、お肌ではなく毛根に必要以上のダメージを与えます。

毛根そのものが痛むことによって、
出血を起こしたり炎症を引き起こします。

そして、
毛抜きによって引き起こされた炎症が
治癒するとするときに、
肌が覆われうことで毛の逃げ道がなくなることで
埋没毛ができてしまうのです。

除毛クリーム

除毛クリームも、毛抜きと同様です。
除毛する際に毛根を必要以上に傷付けるので、
埋没毛ができやすくなります。

抜くタイプの家庭用脱毛器

ケノンのような照射タイプの家庭用脱毛器ではなく、
毛そのものを抜くタイプの家庭用脱毛器も危険です。

毛抜きや除毛クリームと同じように、
必要以上に毛根を刺激するので、
炎症がおきやすいのです。

埋没毛になりやすい部位がある!?

埋没毛になりやすい部位というものもあります。

ワキやヒップ、太ももやVラインは
埋没毛の好発部位といわれています。

また、
ヒジ下(ヒジ〜手首)やヒザ下(ヒザ〜足首)は
自己処理の頻度が多く、これまでのダメージが蓄積されています。

また、皮膚が尾根に近いこともあり、
皮膚が硬くなりやすいので埋没毛の好発部位だったりします。

埋没毛を放置したときの
お肌への影響

埋没毛は、1〜2ヶ月周期のお肌の
新陳代謝であるターンオーバーとともに
自然に表面に出てくるようになるので、
実は放っておいても大丈夫です。

新しい皮膚に生まれ変わるタイミングで、
表皮に出現し、自然に抜け落ちます。

とはいえ、
埋没毛は見た目的にも好ましくないですよね。
自分で切開して無理矢理取り出そうとする人も。

けれど、自分で処理すると雑菌を繁殖させたり
炎症を悪化させたりする結果にしかなりません。
やめておいた方が賢明です。

下手すると、
さらに悪化して毛嚢炎になってまうのでご注意を。

埋没毛を自分で処理した失敗例

埋没毛を自己処理すると

  • 切開部から雑菌が侵入し、炎症が悪化した
  • 切開部分がシミになってしまった
  • 色素沈着してしまった

などの失敗が起こります。

埋没毛の対処法

埋没毛の自己処理は危険。
では、埋没毛はどう処理すればいいのかというと。

  • ピーリング効果のあるローションでケア
  • メラニン色素を薄くするためにビタミンCを摂取
  • 皮膚科で清潔に切開

などの対処法がありますが、
基本的には放置して、お肌のターンオーバーを待つのが良策です。

脱毛して埋没毛を予防しよう!

そもそも、
埋没毛を作らないようにするという方法もあります。

脱毛サロンの光脱毛で
埋没毛を予防することもできますし、
脱毛クリニックの医療脱毛で永久脱毛してしまうという方法もあります。

おすすめの脱毛サロン・脱毛クリニックは?

おすすめの脱毛サロンやクリニックについては
こちらの記事でランキング形式で紹介しています。

敏感肌のための脱毛サロンと脱毛クリニックを5社厳選!│完全脱毛ハンドブック